パノラマシティビュー
1AGERU上手な.png

技術企業に、よい収益を

島田写真.png

​当サイトにお越しいただきありがとうございます。

本サービスは、メーカー・IT企業などの技術企業向けの顧問弁護士サービスです。

リスクの指摘ばかりで利益にならない「法務」

理論ばかりで利益に利益に繋がらない「知財」

​このような印象をお持ちではないでしょうか?

​確かに、多くの場合はそのとおりかもしれません。

しかし、当方は「知財」と「法律」を正しく理解し、活用していただくことで、

皆様のビジネスの利益につなげられると考えています。

「知財」と「法律」を皆様の高収益化につなげる。

それが当方が目指す支援です。

                     キャストグローバル

​                     弁護士・弁理士 島田敏史

Marble Surface

​ワンストップ対応

知財・法務とワンストップでご相談いただけます。

​時間とお金のロスなく必要なアクションへとつなげられます。

1観点.png

​法務・知財は「コスト」ではなく収益を上げるための「手段」

法務・知財を「コスト」と感じていませんか?

そのように感じられるとしたら、法務・知財を収益を上げる「手段」とするチャンスを逃しているかもしれません。

「コスト」と感じる場合の多くは、法務・知財とビジネスの関係が理解できていない、理解はできているが貢献が見えない、のが原因です。

ビジネスに貢献しない部分の法務・知財は不要です。

他方、ビジネスに貢献する部分を見逃すことをは収益を逃すことであり、もったいないです。

​法務・知財を収益を上げる「手段」としていただければと思います。

​法務・知財がビジネスにどう関係しているのか、本質の理解が重要

「法的な正しさ」には何も意味がありません。

貴社のビジネスに狙いどおりに貢献しているのか、が重要です。

それには、法務・知財の本質の理解が必要です。

​知財権を取ると貴社のビジネスがどうなるのか、法的に有利だと貴社のビジネスがどうなるのか、根本を理解する必要があります。

その理解があれば、貴社にとっての法務・知財の「あるべき姿」が定まります。

「あるべき姿」と現状のギャップを埋めることが「やるべきこと」として導かれます。

あるべき姿、やるべきことが不明なまま、漠然と法務・知財業務を進めても、多くはビジネスへの貢献なし、となってしまいます。

​法務・知財の本質の理解から始めていただければと思います。

​専門家に「任せる」のではなく、専門家を「使う」ことが重要

ほとんどの法務・知財の専門家は、ビジネスの実績がありません。​

ビジネスの実績のない専門家に任せると、法的な正しさが担保されることはあっても、貴社のビジネスに貢献することはありません。

貴社のビジネスは貴社のものであり、全て貴社が決めているはずです。

法務・知財も貴社のビジネスの一部であり例外ではありません。

貴社が正しくビジョンを描き、それを実行するために専門家に任せる、という手順が必要です。

​法務・知財について、専門家に「任せる」のではなく、専門家を「使う」ようにしていただければと思います。

1△左.png
1△⇒右.png
1△⇒中.png

​国際案件のご相談

​国際取引や国際紛争案件も取り扱っております。

​お気軽にお問い合わせください。